頭皮 かさぶた

頭を掻いた時に爪で傷つけてしまい頭皮にかさぶたができてしまうことがありますが、
特にそんなこともないのに気がつくとかさぶたができていると
感じることがあります。

 

そんな時は脂漏性皮膚炎が原因かもしれません。

 

頭皮は皮脂腺が多く皮脂の分泌が活発です。
皮脂が多いとマラセチア菌というカビ菌などの雑菌が繁殖しやすくなって、
その分解物によって炎症を起こしたり臭いやフケの原因となります。

 

頭皮が炎症を起こせば痒くなり、フケもでやすくなります。
そのフケが白くて細かい乾性フケではなくてべたっとした脂性フケの場合は、
フケ同士がくっつきやすくなりかさぶたのような状態になります。

 

頭皮を傷つけたわけではないのにかさぶたができていると感じるのはそのためです。

 

かゆみで頭を掻いたり、気になって爪で取り除こうとすると今度は
本当に頭皮を傷つけてかさぶたを作ってしまい、悪循環に陥ってしまいます。

 

そうならないためにも脂漏性皮膚炎に対処することが必要です。

 

最も有効な対処法は病院に行って治療することですが、
生活習慣を見直してセルフケアすることも大切です。

 

頭皮の清潔を心がけシャンプーを欠かさないようにしましょう。
ただし、洗いすぎはよくありません。かえって皮脂を過剰分泌してしまいます。
洗浄力の強すぎるシャンプーから適度な洗浄力のシャンプーに変えるのも1つの方法です。

 

食事の見直しも必要です。

 

油ものが多い食生活は皮脂の分泌を促します。
意識してビタミンを摂るようにしてバランスの良い食事をするようにしましょう。

 

また、ストレスや疲労は新陳代謝のリズムを狂わせます。
十分な睡眠をとって体を休め規則正しい生活を送るように心がけましょう。

 

脂漏性皮膚炎は放っておけば痒みやフケ、
臭いの原因となって自分だけではなく他人にも不快感を与えます。
しかし、病院で治療しても頭皮環境が良くならなければ根本的な改善とはなりません。
普段の生活を見直してケアしていくことが大切です。