髪 油っぽい

洗えば洗うほど脂っぽくなる?

髪の毛が脂っぽいと感じる原因のひとつに、
頭皮の皮脂分泌が多くなっている事があります。

 

頭皮の皮脂が多くなっていると、
毛穴の中に過剰分泌した皮脂が詰まりやすい状態となり、
それによって発毛や育毛が阻害され、
髪の毛が薄くなってしまう原因となる事があります。

 

頭皮の皮脂を少しでも抑えたいと考えた場合、
洗浄力の高いシャンプーでしっかりと皮脂を
落としていく事が有効と考える人も多いでしょう。

 

ですが、皮脂というのは必要だから分泌されている為、
頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうと、
頭皮は皮脂が不足していると感じ、不足した皮脂を補う為に、
より多くの皮脂を分泌する事になります。

 

つまり洗えば洗うほど、悪化してしまうのです。

 

脂っぽいのを改善していくには?

 

皮脂の分泌量を考えた頭皮ケアをしたい場合は、
皮脂を落としすぎるシャンプーよりも、頭皮に必要な皮脂を残して
洗い上げる事が出来るシャンプーを選び、
髪の毛や頭皮を洗っていく事が有効です。

 

その為におすすめなのが、優しい洗浄力のアミノ酸シャンプーです。

 

なぜアミノ酸シャンプーが有効?

 

ドラッグストア等で多く販売されているシャンプーは高級アルコール系シャンプーで、
泡立ちの良さと洗浄力の高さが特徴となっています。

 

高級アルコール系シャンプーの場合、
頭皮に必要な皮脂まで落としやすい状態となります。

 

それに対して、アミノ酸シャンプーというのは、髪の毛や頭皮の汚れ、
そして不要な皮脂は落としても、
頭皮に必要な皮脂は残した状態で洗い上げる事が特徴のシャンプーで、
頭皮環境を整えたいと考えた場合に最適なシャンプーとして注目を集めています。

 

毎日使っているシャンプーをアミノ酸シャンプーに切り替えれば、
頭皮が必要以上に皮脂分泌を行わない状態となり、
髪の毛や頭皮が脂っぽいと感じにくい状態を作る事が出来ます。

 

そして、頭皮の状態が良くなれば、健康で元気な髪の毛が育ちやすく、
薄毛の悩み改善効果も期待する事が出来ます。

 

髪の毛が脂っぽいと感じるのであれば、
現在使っているシャンプーを見直してみる事がおすすめです。

 

>>アミノ酸シャンプーで髪のベタツキは改善できる?