頭 脂臭い

頭のニオイが気になってしまうからと言って
1日に2回もシャンプーしてしまうのは、
洗いすぎになっている可能性があるので注意が必要です。

 

頭の髪の毛が生えている部分は、
人の体の中でも発達した皮脂腺が多い部分ですから、
脂っぽくなってしまうのは普通です。

 

だからといって洗いすぎてしまうと
今度は頭皮の乾燥が進んでしまい、
肌を守るために皮脂の分泌量が増えてしまいます。

 

頭が脂臭くなるのは皮脂腺、雑菌が関係しています。

 

皮脂が増えれば、それだけ常在菌が増えやすい環境になってしまいますから、
洗う回数はできれば1回程度に抑えるべきです。

 

一度皮膚科で診てもらうといいです。
医師からの意見を聞くことで、安心できますよね。

 

どうしても皮脂腺、雑菌が気になってしまうなら、
低刺激で肌に優しいアミノ酸シャンプーを活用する方法があります。

 

敏感肌やアトピーの人でも
利用できるほどやさしい洗浄力になっています。

 

シャンプーするときのお湯の温度も、熱すぎると肌を傷めて皮脂の分泌が増えるので、
ちょっと温かいと感じる38度程度が肌にもあっていて、
皮脂を落とすためにも適している温度です。

 

髪の毛にワックスなどを利用したときには、
アミノ酸シャンプーでは十分に落としきれないときがあります。

 

いつまでもワックスが残ってしまうと、また頭のニオイがきになってしまう状態になるので、
シャンプーを使い分けるとよいです。

 

強い洗浄力のシャンプーは1日に1回だけとして、
洗髪後は地肌をいたわるためにも顔と同じように保湿をすると乾燥も防ぐことができて効果的です。

 

アミノ酸シャンプーを使い分けるとともに、
普段の食生活にも気を付けるべきです。

 

油っぽい食事などを続けて血中コレステロールに影響が出るほどだったり、
肥満になってしまうと分泌される皮脂の成分も違ってきて、
よりべっとりとしてきます。毛穴がふさがったり、
皮脂腺、雑菌が影響を受けて、臭くなる可能性を高めてしまいます。

 

皮脂の過剰な分泌とともに頭皮に赤みがあったり、
かゆみが治まらない、発疹があるといったときは皮膚の病気の可能性があります。
頭皮を清潔に保っていても、治まらないなら治療を受けたほうが良いです。